日々の記録

配当金生活を考えたらベトナム株

スポンサーリンク

 

 

 

日々の記録

ここ2~3ヶ月前からベトナム株の取引を検討していました。

 

魅力的な特徴としては

・通貨のドンが安くて手を出しやすい
・有償増資、無償増資という制度があり、株数を雪だるま式に増やせる (現地の証券口座が必要)
・配当利回りが良い
・これからの国なので、投資してて面白みがある

 

参入にあたって気になる点は

・日本株と比べ手数料が高い
・ベトナム語や英語がネックになって情報量が少ない
・オンライン環境がショボイ
・1銘柄に対して外国人は49%しか買えないというルールがあるので、欲しい銘柄がもう買えないことが多い

 

とにかく、自分が日本株でよくやっているスイングトレードはやりにくい環境で儲からないだろうから、長期投資が基本となりそうです。

気がついたら、めっっちゃ増えてる!という感じでしょうか・・

自分は現地の証券口座でオンラインで取引する予定です。

 

口座開設にあたって必要書類をネットで調べたのですが、不明点があったのでベトナム大使館にメールをしていました。

ところが、1ヶ月すぎても返信がありません・・

電話も何回もかけましたが、繋がりません。

これでは進まないので、地方在住者で旅費がかかりますが、東京に行って必要書類を作成しようと飛行機を予約しました。

 

また、これと前後してJSI (旧サクラ証券)に口座開設希望のメールをしていました。

驚くことに、事務代行手数料を払えば、東京に行かなくても口座が開けるそうです。

 

gati
見切り発車しちまったぜ・・

 

東京にはブラブラ遊びに行ってきます・・

 

実は、調べる中でVNダイレクトという証券会社が気に入ったのですが、口座維持手数料として毎月15ドルもかかるので諦めました。

まだ儲かってないのに、固定費用を払い続けることに抵抗があります。

 

ベトナムの現地証券口座に関してネットで探せる情報は古いので、JSIに口座維持手数料などを問い合わせてみました。

 

以下、原文です。

 

「私は、オンライン取引を利用したいと思っておりますが、オンライ ン取引時の手数料:約定代金の0.5%に加えて利用料や年間維持 料金、また何か手数料などお金はかかりますか?」

 

JSIから、次の日にはメールで回答がきました。
思っていたよりも対応が速い!

 

以下、原文です。

 

「証券取引口座は2つの種類があります。」

「一つのは弊社での開設された株式口座です。」

・オンライン取引手数料は約定代金の0.5%です。
・他の手数料(利用料、年間維持料金など)がありません。

 

「二つのはBIDV銀行での開設された現金口座です。」

・開設口座手数料は5.5ドル(約500円)です。
・BIDVの口座維持料金は年間22,000ドン (約100円) と、最低口座残高は50,000ドン (約250円)です。
・他の手数料がありません。

 

これは、敷居が低いですね。
JSIで口座を開設しようと思います。

 


にほんブログ村 株ブログへ

-日々の記録
-

Copyright© ガチ株 , 2022 All Rights Reserved.